新着情報

平成29年度中に取り扱った、合法性・持続可能性の証明された木材・木材製品の取扱実績はつぎのとおりです。 
     (平成29年4月1日~平成30年3月31日)

実績表(H29gm.pdf)        取扱実績(H29gs.pdf)   木質バイオマス実績(間伐等由来のバイオマス) 102.788m3

その他の情報

  昭和30年度 合法木材供給事業者認定研修を行う。

   10月22日(月)秋田市の「イヤタカ」で、平成30年後合法木材供給事業者認定研修を実施した。参加者は127名(うち合法認定事業者数120名)
  終了後、受講証明書を授与した。
   研修内容は、合法伐採木材の流通及び利用の促進に関する法律、認証制度を活用した証明方法や各種認定のためのガイドラインなどを説明した。

   研修終了後、木材クラウドの説明や、森林環境税など講演も行われた

  •   木材クラウドを新規導入

       新時代を見据えた、秋田杉の流通システムの構築について、素材生産と製材品の、需給と需要の情報共有化。物流の効率化(伐採地と近場の製材所)
      によるリスト軽減など。
       新規導入する木材クラウドの概要や入力の仕方を説明、
  •   森林環境税 (仮称)森林環境譲与税(仮称)及び森林経営管理法等の概要

       秋田県農林水産部の職員2名に講演を依頼、組合員の意識向上に努める
  •  
  •  
  •  
  •